技術と構造

Technology

今、住宅に求められているのは、自然の力を効率的に利用したシステムと信頼できる構造。
ノーブルホームでは独自の品質基準を設定し、最先端のテクノロジーとさまざまな実験・実証に基づき、家づくりを進めています。
経年による劣化や腐食、災害など、あらゆるリスク要因に対して、万全の備えをしておくことで、いつまでも安心な家を築きます。

ノーブルホームが選ぶ信頼性の高い建築工法

SE構法

耐震構法 SE構法

強さの秘密は、
システム化された木造ラーメン構法
ノーブルホームの最上級注文住宅‘グラディア’では、信頼性が高く地震に強い「耐震構法 SE構法」を採用。
従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れた信頼性の高い構法です。
柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体を作り上げます。
空間リビングや吹き抜け、車3台が入るビルドインガレージなどダイナミックな空間設計も想いのまま。
また、将来のライフスタイルによって間取りの変更が可能なリノベーションをしやすい構造に。世代を超えて永く住み継ぐことができます。
耐震金物工法

ピン工法

高精度・高強度を誇るHSS金物で
接合部の強度を高める。
耐震性を高めるために見逃せないのが柱や梁、桁の接合部。
ノーブルホームでは、高精度・高強度を誇るHSS金物を採用し、安定した品質を誇るエンジニアリングウッドを確実に接合します。
従来の工法に比べ、木材の断面欠損が少ないため、木材の変形や柱・梁接合部のズレが少なくなり、耐震性や耐久性は確実にアップします。
また金物の出幅に合わせて集成材に施されるスリット加工(切り込み部)が小さく目立たないため、木材の美しさを損なわず、自由設計やリフォームにもスムーズに対応できるという利点もあります。
木造軸組パネル併用法

木造軸組パネル併用工法

木材軸組と耐力壁の相乗効果で
建物の変形を揺れから守る。
ノーブルホームは日本伝統の建築工法に最新のテクノロジーを取り入れた「木造軸組パネル併用工法」を採用しています。
柱と梁で構成される木造軸組構造に、揺れに対して強い力を発揮する耐力壁を組み合わせることで、壁面全体で外力を受け止め、優れた耐震・耐風性能を確保しています。
木造軸組工法はさまざまな形の空間を創造することが可能で、自由設計に最も適した工法と言えます。
敷地の条件、予算、デザインの好みなどに柔軟に対応でき、家族の成長や暮らしの変化などに応じて行うリフォームも容易です。
耐震ベタ基礎

耐震ベタ基礎

基礎部分を一体化することにより
荷重を均等に分散させる。
基礎は住まいと家族の命を支える場所。
やり直しのきかない場所でもあるだけに、確実な施工が求められます。
ノーブルホームでは、建物外周部の立ち上がりの部分と、建物の下部全体を耐圧盤コンクリートで板状にして一体化し、
建物の荷重を底面積全体で地盤に伝える高震度ベタ基礎工法を採用しています。
設置面積が大きい耐震ベタ基礎工法は、荷重を分散させる効果が大きいのが特色。
横揺れに弱く、不同沈下を起こしやすいという従来の欠点を解消する、最も効果的な基礎工法と言えます。

© 2016 NobleHome inc.