Facebookもチェック

ノーブルホームの技術と構造 断熱性能

家の断熱性能とは? 断熱性能を高めて、省エネ・健康・快適な暮らしへ。

家の断熱とは、屋根、壁、床、窓などを通して住宅の内外の熱の出入りを少なくすることです。
省エネも1つの目的ですが、断熱の本来の目的はその家で暮らす家族が健康で快適に過ごすため。
断熱性能を高めて、家族の健康にも環境にもやさしく、経済的にもお得で快適な暮らしを実現しませんか。

熱の流入・流れの割合

断熱性能を高めることでのメリット

断熱性の低い家は壁や窓から冷気や熱気が侵入してきます。夏の暑さ、冬の寒さをブロックし、一年中快適な住まいを実現します。

温度差の少ない快適な空間へ・家族の健康にやさしい・省エネで冷暖房の光熱費を大幅に削減!・ヒートショック・熱中症の予防

国の省エネ施策

ZEH住宅の推進

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次エネルギー量※(冷暖房・給湯・照明等の設備機器)の収支を正味(ネット)ゼロにする住宅を指します。地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつ。政府は2020年までに標準的な新築住宅でZEH実現を目指しています。

UA値とは

UA値とは外皮平均熱貫流率のことで、どのぐらいのエネルギーが住宅から逃げていくかを表しています。
値が小さいほど熱の逃げにくい高断熱の家となります。

これからは、エネルギーをあまり使わない、断熱性の高い家が当たり前になってきます。

UA値0.45という高断熱住宅で、四季を通じた快適性と生涯コストバランスを両立します。

光熱費 年間水道光熱費シミュレーション

※1/UA値はプランにより異なります。UA値(外皮平均熱貫流率)とは、住宅の断熱性能(どのくらいのエネルギーが住宅から逃げていくか)を表す値です。値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。UA値は各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割り算出します。外皮とは、熱的境界となる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します。換気による熱損失は考慮しません。上記UA値は弊社モデルプラン(延床面積:38.87坪)による計算値、実測値で、間取りや仕様により、UA値0.45W/㎡以下にならない場合があります。数値データは必ずしも保証するものではありません。

技術 ノーブルホームの断熱性能

充填断熱

壁の中に断熱材を充填する工法で最も一般的な断熱工法。
高性能グラスウールを柱いっぱいの厚さで充填し保温力を高めます。

アルミ樹脂複合サッシ

樹脂は非常に熱を伝えにくい素材です。
樹脂の熱伝導率はアルミの約1/1000といわれています。
内装材と接するアングル部に樹脂を採用し、温度差により発生する結露を抑え、内装材の腐敗を防ぎます。

※商品シリーズにより仕様が異なります。

高遮熱・透湿防水シート

遮熱性に優れ、外からの輻射熱(赤外線)を約85%反射し、また室内暖房の熱放射を防ぎます。夏は外からの輻射熱(赤外線)を反射し室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑えて室内を暖かく保ちます。※写真・画像はイメージです

熱交換換気システム

室内の空気環境に近づけて新鮮な外気を取り入れることの出来る「省エネ性」や「快適性」を実現する換気システムです。暖房の暖かさ、冷房の涼しさを保ちながら、24時間効率よく計画換気をします。※写真・画像はイメージです

Airsis

注文住宅で実現する住まいづくり まずは資料の請求から

© 2016 NobleHome inc.