技術と構造

Technology

今、住宅に求められているのは、自然の力を効率的に利用したシステムと信頼できる構造。
ノーブルホームでは独自の品質基準を設定し、最先端のテクノロジーとさまざまな実験・実証に基づき、家づくりを進めています。
経年による劣化や腐食、災害など、あらゆるリスク要因に対して、万全の備えをしておくことで、いつまでも安心な家を築きます。

木へのこだわり
ノーブルホームでは、梁や柱などの構造材にエンジニアリングウッド(集成材)を採用しています。木の良い部分だけを強力に粘着させてから作られるため、無垢材に比べ約1.5倍の強度を誇り、構造躯体の安定に大きく貢献します。
耐震
耐震性能にこだわる当社では、県内の企業では初めて実際の建物を使って耐震性を測定する「実物大住宅耐震実験」を実施しました。大地震や「くり返し地震」を想定した実験を行い、耐震性の向上を図っています。
制震
ノーブルホームは地震に対する新しい取り組みとして、地震の揺れを最大で70%軽減できる住宅用制震ダンパー「MIRAIE-ミライエ-」を採用しています。耐震技術+制震システムで、より安心・安全な住まいをご提案いたします。
工法
各注文住宅商品シリーズに合わせ「耐震構法 SE構法」「ピン工法」「木造軸組パネル併用工法」を採用しています。いづれも、優れた耐震・耐風性能を確保し、安全・快適な住まいをご提案いたします。
断熱
熱の出入りが最も多い窓。一方で採光のために窓面を大きくしたいという方は少なくありません。こうした要望に応えるため、「遮熱Low-E複層ガラス」を採用しました。従来のペアガラスに比べ約2倍の断熱効果が期待できます。
快適
エアシスは、床暖房と全館冷暖房の利点を併せ持つ、日本の暮らしに最も適した床下冷暖房です。一年を通して、生活空間全体を心地よい環境にコントロール。イニシャルコストを低く抑えたことで、無理のない導入が可能です。

© 2016 NobleHome inc.